FC2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

使える差が出る録音・MIXテクニックBLOG

現役本職のミキサー「えむらじお」が真面目に教える録音・MIXテクニックです。

 

ベストな録音のための録音レベルの決め方とは。 

■良い音のスタートは録音に有り。録音が良ければMIXも簡単になる!


以前「こもらずすっきりした音質での録音」のためのテクニックを伝授しました。

おさらいすると「近接効果に注意してマイクと口の距離は15cm前後を目安に微調整!」というのが要点でした。



今回はレベル(音量)についてのお話です。


ニコニコ動画やYouTubeに作品をアップする場合も、マスターとなる作品はCDと同等かそれ以上の音質で制作するのが通常です。まず、みなさんの手近にあるCDについて少しお話しましょう。

言わずもがなCDには音がデジタルデータとして記録されています。CDの技術的品質に関わる規格は「レッドブック」という国際規格で定められ、音質に関わるビット深度、サンプリング周波数は「16bit、44.1KHz」と定められています。(難しいことは追々お話しますが、ビット深度、サンプリング周波数という言葉と、16bit、44.1KHzという数字は非常に大事なキーワードなので記憶に留めておいて下さいね〜!)

ですので宅録の際も、録音ソフトやレコーダーの設定で「16bit、44.1KHz」という条件で録音することで、CDと同じ土俵に立てる音質で音を記録できます!すごいね!CDとおんなじ音質で自宅録音とか、アナログのカセットテープしかなかった20年前には夢の様なお話でした。

ちなみに「16bit」というのが記録できる音の最大音量を表しています。第1回目で出てきたダイナミックレンジというやつです。CDのダイナミックレンジは16bit=96dBです。一番小さい音と一番大きい音の差が96dBまでの曲を(理屈上は)記録可能ということです。

数字とかめんどくさいので、日常感覚で言うと、ヒソヒソ声〜絶叫まで余裕で録音可能ということです。数字などは覚える必要はないのでとりあえず「へぇ〜」というぐらいで知っておいて下さい。



・・・さて。



実際の録音ですが、16bitで録音していれば理屈上はヒソヒソ声〜絶叫まで録音可能ですが、現実はそう甘くありません。

というのも、16bit録音では理屈上96dBのダイナミックレンジで音を扱えるのですが・・・・
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
スポンサーサイト



Category: 録音基礎

tb -- : cm --   

歌い手必見。マイクの距離だけじゃなくて角度でも音は良くなる! 

前回は録音の基礎として、近接効果とその影響をお勉強しました。

近接効果は、音のモコモコ感の原因でもあり、また、逆手に取れば迫力を出すためのテクニックにもなるよ・・・っというお話でした! ちなみに近接効果をうまく活用できると、レコーディングだけでなく、迫力のメリハリを付けることができるのでライブパフォーマンスも上手になりますよ!


さて、今回はボーカル収録時のマイクの角度について。
リップノイズや音質に悩んでる歌い手さんは特に必見ですよー!


歌い手さんが録音した自分の声を聞きなおして悩むいくつかのケースを想定してみましょう。


1. なんかキンキン声でつらたん(´・ω・`)
2. モワモワした声でキレがない(´・ω・`)
3. リップノイズぺちゃぺちゃきもちわるい(´・ω・`)


よくあるのがこの3つじゃないでしょうか?
1は女性に多い悩み。2は男性や低いめの女性に多い悩み。3は男女共通の悩みですよね~。

この3つの悩みは、マイクのあて方である程度回避できるのです。

まずはこの図を見ていただきましょう!!
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

Category: 録音基礎

tb -- : cm --   

【無料記事】録音した声がモコモコして不明瞭。ではまず録音を見なおそう! 

さぁ録音・MIXノウハウ伝授2回目にいらっしゃいませ。

今日は美しく声を録音するためのちょっとした知識とノウハウを、いくつか伝授したいと思います。

私の元によく寄せられる質問や相談の一番は 「声がこもってどうしようもないんですがどうしたら良いですか?」とか「声がこもるのはやっぱりコンデンサマイクでないとダメなんですか?(´・ω・`)」という「こもった音」に関するもの。

実際、そういった質問をされる方の録音を聞かせてもらうと、確かに声がこもっています。でも、こもってる音でもコンデンサマイクで録音された物も多いのです。つまり声がこもって録音されるのはマイクの種類のせいではなく、録音の仕方自体に問題があるんです。


☆ 声がこもるのは低い音の成分が異常に多いから


そういうことなんです。

スッキリシャッキリした録音と比べると、こもった録音には低い音の成分が異常に多く含まれていて、高い音の成分を覆い隠してしまっているのです。

-- 続きを読む --

Category: 録音基礎

tb 0 : cm 0