FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

使える差が出る録音・MIXテクニックBLOG

現役本職のミキサー「えむらじお」が真面目に教える録音・MIXテクニックです。

 

【無料記事】Auto-TuneとかMelodyneとかのお話。 

このブログをお読みになる方にはAuto-TuneやMelodyneと言えば 「ああアレね~」 とツーカーかと思います。※Auto-Tune(Antares Audio Technologies社)、Melodyne(Celemoney社)は世界的に有名な ピッチ補正ソフトウェアの名称。

今回の話題は、今や麻薬のように蔓延した魔法の作業。音痴が直る(「治る」ではない。あくまで「直る」である。)「ピッチ補正」の話題です。



▼Auto-Tune作業画面。音程はグラフで表されマウス操作で自由に音程補正が可能。
  ライバルであるMelodyneもほぼ同様の画面で簡単な操作で音程補正ができる。
autotune_evo_graphic.jpg



ご存じない方もいらっしゃると思いますので、ごく簡単にですが説明しますと従来は・・・


  「ボーカルトラックの完成度」 = 「いかに根気強くリテイク録音をしたか」


でした。 これはもう単純に 「ちゃんと歌えるまで終わらないよ?」 の世界。

ところが2000年頃からAuto-TuneやMelodyneなどのピッチ補正ソフトが発表されると、録音時に95点を出してればピッチ補正で100点にすることが可能になり、DAWの普及とともにピッチ補正ソフトもその便利さから爆発的に普及して行きました。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト



Category: 未分類

Thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材

Janre: 音楽

tb 0 : cm 0   

モニター環境を考える。 

今日は基本のキに立ち返って、今更言うまでもないほどに重要なモニター環境についてお話をしたいと思います。

音の世界ではモニタリングというのは、スピーカーやヘッドホンなどで、マイクからの信号や記録された音源の信号を音として確認する行為です。つまり今扱っている音が耳に届く前、最後に通る機材です。モニタースピーカーやヘッドホンが電気信号を空気の振動として「音」に変換するので、その聴こえ方、つまりモニター機材の性能が、録音やミックスの作業に大きな影響となって現れます。

モニター機材が正確な音を出していないと、作業する人は正確な音を聞くことができないので、作業結果の音もおかしくなってしまいます。

例えば低音過多なモニターで作業した場合、作業者は低音が出過ぎていると判断して低域をカットしてしまうので、出来上がる完成音源は低音がスカスカになります。
逆に低音が出ないモニターで作業すると、作業者は低音が出ていないと判断して低域をブーストしてしまうので、ブーミーな完成音源になります。

もうお分かりいただけたと思いますが、録音やミックスに必要なモニタースピーカーやモニターヘッドホンというのは、ありのままの音をありのまま正確に出力する、測定器のような正確さが必要になるのです。

とくに録音やミックスする人は音響特性の良いスピーカーを使う必要があります。ヘッドホンで作業するという人がいますがヘッドホンでは正確な音は再現できません。ステレオの音は右と左のスピーカーから空気中に放たれて耳に届くまでに空気中で混ざり合い、お互いが干渉しながら耳に届いて初めあるべき音になるのです。ヘッドホンでは右と左の音は混ざり合わないまま独立した状態でそれぞれの耳に届いてしまいます。これでまともなミックスができるわけがないので、あくまでヘッドホンというのは音の細部確認や視聴者環境での参考用としてとらえておくべきです。

ではモニタースピーカーを選ぶ際、どういった点に注意して選ぶべきでしょうか? それをお話したいと思います。

■モニタースピーカはオーディオ鑑賞用ではない
■音の解像度と存在感のバランス
■スピーカーの性能は大きさにある程度比例する
■モニタースピーカーにもいろんな種類分類がある
■オススメのモニタースピーカーは結局どれなのか
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

Category: 機材

tb -- : cm --