FC2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

使える差が出る録音・MIXテクニックBLOG

現役本職のミキサー「えむらじお」が真面目に教える録音・MIXテクニックです。

 

ベストな録音のための録音レベルの決め方とは。 

■良い音のスタートは録音に有り。録音が良ければMIXも簡単になる!


以前「こもらずすっきりした音質での録音」のためのテクニックを伝授しました。

おさらいすると「近接効果に注意してマイクと口の距離は15cm前後を目安に微調整!」というのが要点でした。



今回はレベル(音量)についてのお話です。


ニコニコ動画やYouTubeに作品をアップする場合も、マスターとなる作品はCDと同等かそれ以上の音質で制作するのが通常です。まず、みなさんの手近にあるCDについて少しお話しましょう。

言わずもがなCDには音がデジタルデータとして記録されています。CDの技術的品質に関わる規格は「レッドブック」という国際規格で定められ、音質に関わるビット深度、サンプリング周波数は「16bit、44.1KHz」と定められています。(難しいことは追々お話しますが、ビット深度、サンプリング周波数という言葉と、16bit、44.1KHzという数字は非常に大事なキーワードなので記憶に留めておいて下さいね〜!)

ですので宅録の際も、録音ソフトやレコーダーの設定で「16bit、44.1KHz」という条件で録音することで、CDと同じ土俵に立てる音質で音を記録できます!すごいね!CDとおんなじ音質で自宅録音とか、アナログのカセットテープしかなかった20年前には夢の様なお話でした。

ちなみに「16bit」というのが記録できる音の最大音量を表しています。第1回目で出てきたダイナミックレンジというやつです。CDのダイナミックレンジは16bit=96dBです。一番小さい音と一番大きい音の差が96dBまでの曲を(理屈上は)記録可能ということです。

数字とかめんどくさいので、日常感覚で言うと、ヒソヒソ声〜絶叫まで余裕で録音可能ということです。数字などは覚える必要はないのでとりあえず「へぇ〜」というぐらいで知っておいて下さい。



・・・さて。



実際の録音ですが、16bitで録音していれば理屈上はヒソヒソ声〜絶叫まで録音可能ですが、現実はそう甘くありません。

というのも、16bit録音では理屈上96dBのダイナミックレンジで音を扱えるのですが・・・・
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
スポンサーサイト



Category: 録音基礎

tb -- : cm --